車検を受ける場所ごとのメリット

車検の依頼先は大きく分けて三つです

自動車の車検を依頼出来る依頼先は、大きく分けると三つあります。
まず一つ目は陸運局から認められた認証工場や指定工場が整備されている自動車販売店です。これは新車のカーディーラーや一定規模の中古車販売店等が上げられます。
二つ目の依頼先は、車検代行業者です。所謂自動車販売店とは一線を画し車検専門店が上げられます。車検代行業者は更に細分化されますが、ここでは一括りにしておきます。
三つ目の依頼先は、陸運局に直接依頼するユーザー車検制度を利用する方法です。これは依頼と表現するよりは、自分で車検を受験すると放言した方が正確かもしれません。
あまりよく知られていないのですが、このように車検は自動車販売店だけでは無いのです。

各車検依頼先のメリットデメリットはこれだ

しっかりとした工場を有する自動車販売店等に車検を依頼するメリットは、しっかりと車検整備を行ってくれる事です。自動車は多くの消耗品で構成されていますので、部品の交換も同時に行ってもらえるので安心できます。反面、整備費用は高額になり安く車検費用が高くなる事があります。
車検代行業者に車検を依頼するメリットは、比較的割安で車検を依頼できます。しっかりとした車検整備費用が不要ですので、その分安く車検を依頼出来ます。車検を通せる最低限以外の整備は自分で行う必要があります。
ユーザー車検を自分で受けるメリットは、最低限の費用で車検を受験できる事です。代行手数料等が一切不要なので、原価で車検を受験できます。ただ車検整備に関しては自分で行わなければなりませんので、一定の知識が必要だと言えます。