場所によってそれぞれ!車検の特徴

車検の方法と価格の違いの理由

車検は新車の場合には購入から3年後、それ以降は2年ごとに行わなければいけないものです。その車が安全に公道を走ることが出来るのかどうかを検査するものであると同時にその車の所有権を認めてもらうという意味もありますので「お金がかかるからやらない」なんてことは出来ません。費用も最低でも数万円かかってしまい、さらに修理が必要なところがあるとさらに追加で費用が必要になってしまいますので一度に大きなお金が出ていくのが嫌だという人は積み立てなどを行っておくと良いでしょう。
車検はどこで行うかによって費用も大きく変わってきますので事前に費用の違いも調べておきましょう。主にディーラー、車検の専門店、自分で陸運局へ持っていくという方法があります。

それぞれの特徴と費用は?

ディーラーの車検費用比較的高額ですが購入したお店で定期点検などを行っておけば早めにパーツの交換を行えたり、純正パーツで修理をおおなってくれるので万が一の時にも修理が簡単で安心できます。車検専門店はスピーディーなのが特徴です。1時間ほどで終えることが出来ることと修理が必要な個所は目で見ながら教えてくれるところが多いので、納得できます。自分で陸運局に持っていくのは自動車整備が自分で出来る人向けと言えるでしょう。自分で行う分費用は確かに安くなりますが、検査で不合格になった場合は自分で対処しなければいけません。そのままでは車検を通すことが出来なくて困ってしまいます。
それぞれの特徴を知り、自分に合った車検を行ってみてくださいね。